オキシクリーンの失敗例は?お風呂やステンレスや靴の失敗例も!

オキシクリーンはそれ一つで家中綺麗にお掃除出来ちゃうスグレモノ。

そんな万能洗剤でも、化学反応には勝てません!

やっぱり、相性の合わない物質もあるのです。

組み合わせを間違うと塗装が剥げたり、金属が溶けて錆の原因になってしまいます。

オキシ漬けする前に、まずは素材の確認が必要です!

ここではオキシクリーンのお風呂やステンレスや靴の失敗例などを紹介しながら、使用時の注意点などもまとめています。

オキシクリーンの失敗例は?

 

オキシクリーンの失敗例としては、“はがれ”が主に多かったです。

服の色あせや塗装やコーティングはがれなどです。

あと、アルカリ性に弱い物は基本的に避けたほうがいいと思います。

漬け込むと必ずダメージが発生しています!

アルカリに弱い素材は、ウール製品やペルシャ製カーペット 、麻、天然革、合成皮革、アルミ製品などなど。

金属製品の変色や、ボタンやファスナーなどの小物も変質する事があるので、油断出来ません!

床などワックスでコーティングされている場所も、剥がれること があります。

オキシクリーンのアルカリ性はワックスの油(酸性の油)を分解してしまう作用があるからです。

お風呂やステンレスや靴の失敗例

 

お風呂場は普段も水や洗剤がかかる場所なので、そこにある物は全て、オキシ漬けしても問題無いのでは?と、思っちゃいますよね。

ただ、浸け置きとなると訳が違います。

アルミ製かもしれません!

お風呂場の椅子の脚だけがアルミ製で、洗剤に負けて、ハゲハゲになった例もあります。

シンクは大丈夫?

そして次はシンクです。ステンレスシンクは錆びないと言われていますが、シンクのコーティングは剥がれることがあるようです。

フッ素コーティングが施されているタイプのシンクは、コーティングがまだらに剥がれてしまうことがあります!

スニーカーをオキシ漬けすると、臭いが取れ、真っ白になりますが、革製のスニーカーをオキシ漬けすると、塗装が溶けてボロボロになった例もあります。高いスニーカーなら落胆の気持ちは半端無いですよね!

 

失敗を防ぐポイントまとめ

 

オキシクリーンで失敗しないために確認するポイントをまとめてみました。

ポイント1 素材を確認する

まず使う前に、素材の確認必須です!

心配な時はメーカーに問い合わせをした方が安全です。

お風呂の浴槽でオキシ漬けする際、入れる物のつなぎ目とか、脚は何の素材になっていますか?

上はプラスチックでも、つなぎ目はオキシクリーンのアルカリ性に弱い、アルミ製かもしれません。

シンクの場合はつけ置き時間が長すぎたり、オキシクリーン溶液が溶け切らず、一箇所に固まって濃度が高くなったりすると、シンクのコーティング剥がれの原因になるようです。

普通のシンクならほぼ問題はありませんが、フッ素コーティングのシンクをどうしてもやりたい時は、スポンジにオキシ溶液を含ませて磨くだけにした方がいいかもしれません。

オキシクリーンをしっかり溶かす

そして粉末をお湯でしっかりと溶かし、分量を守る事が大切です。

スニーカーはオキシ漬けする前に、部分的に革が使われていないか、装飾部分に何の素材が使われているかを見てから行って下さいね。

私の体験談としては、ラメ付きのスニーカーを歯ブラシでこすり過ぎたら剥げた事があります。

洗剤をよくすすがず、シミになった事も。

なので、オキシ漬けするならシンプルなスニーカーを選んだほうが間違いないと思います☆

オキシクリーンが良く溶けていないと劣化の原因になるので、最初に瓶にオキシクリーンを入れてお湯も入れて蓋をし、振り回して完全に溶かしてから使用すると間違いないかと思います。

何でもかんでもオキシ漬けにせずに、スポンジにオキシ溶液を含ませて磨くだけで汚れが取れる事もあるので、様子を見ながら行うと失敗も防げるのではないでしょうか?

 

オキシクリーンの失敗例まとめ

如何でしょうか?

オキシクリーンは使用法も簡単で便利ですが、素材によってはダメになってしまう物もありますので、注意してくださいね。

オキシクリーンは洗浄力も強力なだけに、革やアルミ素材などは洗浄しないようにしましょう。

Don`t copy text!