オキシクリーンアメリカ版と日本版の分量表と成分の違いは?保存方法も!

お家をまるごとお掃除出来るオキシクリーンですが、アメリカ版と日本版があるのをご存知でしたか?

はじめはお洗濯用として発売されたオキシクリーンですが、お洗濯だけでなく、洗濯槽やキッチンの油汚れやお風呂のカビ、玄関床のタイルなど使いみちは多岐に渡ります。

オキシクリーンの主な成分は炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)と過炭酸ナトリウムで出来ています。

下水に流しても酸素と炭酸ソーダに分解されるだけなので、環境にとっても優しい洗剤なのです。

アメリカ版と日本版は、主成分はほとんど変わりません。簡単に言えば泡が立つか立たないかの違いだけです。好みや用途によって使い分けて下さいね。

保存は直射日光が当たらず、湿気のない涼しい場所で保管して下さい。

当記事ではオキシクリーンのアメリカ版と日本版の成分の違いと使用量の目安と、保存方法についてご紹介しています。

オキシクリーンアメリカ版と日本版の成分の違いは?

 

日本製(中国生産)のオキシクリーンは界面活性剤不使用なので、泡立ちはあまりありません。

香料も無添加なので、洗剤の臭いが苦手な方や、肌への負担が気になる方はこちらがおすすめです。値段も手を出しやすくリーズナブル☆優しさを重視しています。

一方アメリカ製は、食器洗剤に良く使われている界面活性剤が入っているため、豊かな泡立ちが特徴。そして香り付き。

お値段は多少張りますが、その分大容量なので結果的には経済的です。こちらは頑固な油汚れに向いています。

オキシクリーンアメリカ版と日本版の使用量の違いは?

アメリカ版と日本版の用途によっての使用量についてまとめてみました。

アメリカ版の使用量

アメリカ製の計量スプーンにはラインが4本あり

  • ライン1が23g
  • ライン2が34g
  • ライン3が88g
  • ライン4は116g

となっています。

アメリカ製の使用量の目安は、ライン1に対して

  • 洗濯の時はお湯40L
  • お風呂の天井や壁の時はお湯2L
  • シャツや靴、スリッパ、グラスや湯呑の時はお湯4L

となっています。

洗面台やシーツ、シンクの時はお湯20Lにライン4、トイレの便器や床、ベランダの時はお湯4Lに対してライン4になります。

洗濯槽はお湯を50L、お風呂の浴槽にはお湯85Lに対して、ライン4×4杯使います。

お部屋の壁紙掃除には、お湯500mlに対してライン1の半分を使います。

日本製の使用量

  • ボトルタイプでキャップ1杯が28g
  • バケツタイプはスプーン1杯で28g

と分かりやすい仕様になっています。

日本製の使用量の目安は1杯に対し

  • 洗濯の時はお湯40L
  • お風呂の天井や壁の時はお湯2L
  • シャツや靴
  • スリッパ、グラスや湯呑の時はお湯4L
  • 洗面台やシーツ、シンクの時は、お湯20Lに4杯
  • トイレの便器や床、ベランダの時はお湯4Lに対して4杯になります。

洗濯槽はお湯を50L、お風呂の浴槽にはお湯85Lに対して、18杯(500gボトル1本分)使います。

お部屋の壁紙掃除には、お湯500mlに対して1杯の半分を使います。

オキシクリーンの保存方法は?

購入したばかりだと、どこに置こうか迷いますよね。

特にアメリカ版の大容量などは、使う場所ごとに小分けにして置きたくなります。でも、注意しなければならない点があります!

オキシクリーンは保存中も微量の酸素を出し続けているため、密閉してしまうと爆発の可能性があり危険です。

イメージは、飲みかけの炭酸飲料のペットボトルを冷蔵庫に入れておくと爆発するのと一緒です。冷凍庫に入れても炭酸で容器がパンパンになる、あの感じです。

密封容器(スプレー)などでは使わない様にし、別の容器に移す時は、密封せずに少しフタを開けておく様にします。

オススメはセリアで販売しているオープンパックで。フタが半分立つ、透明のプラスチック保存容器です。

容量は1.3Lと3.0Lの二種類あります。容量、用法を守って楽しいお掃除ライフを充実させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Don`t copy text!